子宮筋腫の治療法は?どんなときに手術が必要なの?

症状がない場合は、筋腫の発育度合いや症状を経過観察して様子を見ます。子宮筋腫が大きく、症状がひどい場合は薬物療法によって症状を軽減したり、筋腫の成長を抑えたりします。
薬物療法によって症状が抑えきれない場合や、妊娠を希望する場合、急速に悪化している場合などには、子宮筋腫を摘出する手術が行われることもあります。症状によって手術が必要かどうか異なるため、定期的に検診を受け、診断をしてもらいましょう。

子宮筋腫は予防できる?確率は?

子宮筋腫の原因がはっきりしていないため、予防法も医学的根拠を示すものはありません。筋腫の大きさや増殖するスピードには個人差があり、米粒大から10kgを超えるものまでと様々で、複数個できる場合もあります。
厚生労働省の平成26年患者調査によると、患者数は約10万人ですが、無症状の人も多く、潜在的な数はわかっていません(※3)。40代女性の約25%が発症し、成人女性で約20~30%が何かしらの小さい筋腫を持っているともいわれています(※4)。
悪性に変化することはあまりないため、子宮筋腫が小さかったり症状がほとんどなかったりする場合には、手術など外科的な処置をせずに経過観察することもあります。また、更年期に発見された筋腫の多くは、閉経を迎えて自然に縮小していきます。
しかし、子宮筋腫が急速に大きくなっている場合など、ごく稀に癌の一つである「子宮肉腫」の可性が疑われることもあります。子宮に腫瘍が見つかった際には、できるだけ早い精密検査と定期的な検診を受けることが大切です。

漿膜下筋腫で見られる症状

子宮の外側を覆う「漿膜」にできる筋腫で、子宮の外側に向かって大きくなります。無症状の場合がほとんどなので気づきにくく、粘膜下筋腫・筋層内筋腫と比べると過多月経の症状は少ないのが特徴です。
ただし、筋腫がねじれて「茎捻転」を起こしてしまうと急激な腹痛が起こります。中には1~2kgまで大きくなる筋腫もありますが、自覚しづらいため、見過ごされてしまいがちです。
不安なときには、担当医に診断結果を詳しく聞いておきましょう。