開腹手術

従来は、子宮筋腫の手術といえば、開腹して子宮を丸ごと摘出するか、筋腫のみを摘出する方法(核出)が中心でした。
 腹部からメスを入れる方法は大きな筋腫も摘出できるのが長所です。半面、傷跡も多少目立ちます。一方、子宮が握りコブシ大より小さくて癒着がなく、悪性腫瘍や卵巣のう腫などの合併もなく、腟からの分娩を経験したことのある人ならば、腟のほうからメスを入れて子宮の摘出を行う「腟式手術」を行うこともできます。

手術

手術で筋腫を摘出する場合、筋腫のみを摘出して子宮を残す方法と、筋腫ごと子宮を摘出する方法とがあります。どの方法を選ぶかは、年齢や妊娠の希望の有無、筋腫の状態、症状の程度などによって決定されます。
 また手術の方法も、今はおなかにメスを入れる開腹手術だけではなく、腟から子宮をとる手術や腹腔鏡など内視鏡によって開腹せずに行う手術もあります。

薬物療法

ホルモン療法によって、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を一時的に停止させる方法です。Gn-RH製剤と呼ばれる薬が使われますが、これも月1回注射を打つ方法や1日に2~3回、鼻に噴霧する方法などがあります。これによって筋腫の重さを半分から3分の2くらいまで縮小させることができます。
 しかし、この方法は人工的に閉経したのと同じような状態をつくるため、更年期障害が現れ、骨粗しょう症のリスクも高めることになります。そこで、使っても半年が限度とされています。その後、半年治療を中断すれば、骨も元に戻り骨粗しょう症のリスクも低下しますが、筋腫もまた元の大きさに近く戻ってしまいます。ですから、根本的な治療にはならないのです。
 最近は、もうじき閉経になるという人や、手術の前に月経を止めて貧血を治したり、筋腫を小さくさせるなど、補助的な意味合いで使われることも多いようです。